理想の住宅に住むために考えておくべきポイント

自分にとって理想の住宅に住むためには、漠然と住まいさがしをしていれば実現するというものではありません。注文住宅を建てられる資金力がある人でも、本当に自分の理想にかなった家は、三度目の家づくりにしてようやく実現するといわれるくらい、理想の住まいを手に入れるのは難しいことなのです。しかしながら、一般の人にとって住まいという大きな買い物は、一生のうちに何度もできるものではありません。ですから、経験がない中でも失敗の少ない選択をしていくことが求められます。住まいの形態として、大きくはマンションと一戸建てがありますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。例えばマンションは集合住宅ですから管理規約というルールにのっとって生活する必要があり、決められた管理費や修繕費も払っていかなければなりません。一方、一戸建ては、基本的には持ち主の自由にできますが、家周りのセキュリティや草むしりなどの管理や、将来的な修繕に関してはすべて自分一人の責任でやらなければなりません。また、一戸建ては木造であることが多く、鉄筋コンクリート造であるマンションの方が比較的建物として頑丈です。しかし震災などで建物が損傷した場合、どの程度の補修をしていくかについて、マンションでは区分所有者間で話し合って決めなければなりません。一方、戸建ての場合は、全面的に建て替えるのも簡単な補修にとどめるのも自分で決めることができます。このような双方のメリット・デメリットに対してどちらが自分のライフスタイルや性格に合っているかをよく吟味しておくことが大切です。そしてマンションを選択したならば今度は、低層マンション、大規模マンション、タワーマンションなどといった選択肢がでてきます。これらについてもそれぞれにメリット・デメリットがあるため、十分に研究する必要があります。一戸建ての方がよいと考えた場合には、建売を買うか、注文住宅にするかという選択肢があります。これも双方に長所・短所があり、それらをよく理解したうえで自分に合った選択をすることが大切です。

コメントは停止中です。